著者:ワンダラー

ツナグソノテ。
それだけで伝わる愛があっても良いのではないだろうか。
これは、そんな妄想が生んだ幾篇かのストーリー。
それらの詩(うた)をここに奏でよう。


旧き城…古の記憶…
荘厳な雰囲気には似合わぬ彼女の声…
「こっちー。こっちに何かあるよー。」
彼女には、彼らを侵入者とみなしてくる者供の気配など、
微塵も感じられないのであろうか…
ただ、奥へ、奥へと進んでいく…
開けた間…玉座の椅子…
何かを問いかけたげな装飾たち…
「ねぇ、これナーニ。これ。」
渡された宝を確かめる彼。
刹那、背後から走る、鋭い殺気。
「来る!」
振り仰げば、深紅の翼…その名はフェニックス。
気高き咆哮が静寂を切り裂く。
完全なる不意打ちを受け、紅蓮の炎に囲まれる二人。
抵抗の間もない…焦燥…にじる汗…いけない、彼女の弱点は…
「リ…、ト…。」
倒れる彼女。
「くっ。」
炎の塊となるも、立ち向かう彼。
だが、その勇姿とは裏腹に、
紅き翼を抱くその敵に対して、
彼の力はあまりに脆弱であった。

じりじりと圧されていく戦況…
血の滴る手…壁際…折れた剣…
他に言いようの無い、完全なる苦境…
「ここまでか…」
振り下ろされる刃のごとき尾…覚悟の一瞬。
「リトをいじめちゃ、ダメーーーッ!」
焼け焦げた服…煤けた頬…
立ち上がることさえ、ままならない彼女…
目を閉じ、何事かを詠唱する。
次の瞬間。鋭き目で敵を見据える。
「ハ…サー…」
聞き覚えの無いスペル。
呼び声と共に逆巻く巨大な風の塊が、
全てを薙ぎ倒していく。
決着は一瞬であった。

静寂に帰る部屋…崩れた石柱の傍らに佇む彼女…舞い散る紅き羽根…
そっと近づき声をかける彼。
「帰ろう…」
優しく頭を包み、煤けた頬を拭う…
「エッ、グッ…。リ…リト…。ウッ、ウワァーン。」
彼の胸に顔をうずめ、不意に泣き出す彼女…
「コワかった。コワかったよー。」
彼は気付く…彼女にとって最大の恐怖。
出会ったものと別れること…愛するものが傷つくこと…
別れの辛さを抑えきれず、力が暴走してしまうこと…
まるで、そういった思いを叫ぶかのように、
せきを切って溢れ出す、彼女の涙…
彼はもう一度、その頬に触れ、軽く涙を拭く。
「大丈夫、大丈夫だから。」
大きく見開かれた瞳が彼を捉える。吸い込まれるような青。
先刻の鋭さを、まるで感じさせない、少女の瞳…
「優しいね、リト…。大好きッ!」
笑顔に戻り、抱きつく彼女。彼は抱きつかれたまま、城をあとにする。
夕日を浴びるボロボロの二人。

「エヘヘヘヘヘー。」
「何?急に。」
「えっとねぇ、そのねぇ…。手ぇ、つないでいぃ?」
上目遣いのその目を、見て見ぬふりをし、彼は何も言わずに手を差し出す。
「ふみぃ〜。」
彼女はぶんぶんと手を振りながらついて来る。
「うれしそうだね。」
「だって〜。」
二人はそれ以上何も言わなかった。
ただ、つながれたその手だけが全てを物語っていた。


全てが無に帰した世界…座り込む二人…
壮絶な闘いの果ての倦怠感…単純な疲労感…
背中越しの彼女から伝わる息遣い…
「静か…だな…」
「あぁ…」
―ガラン、ゴロン、ゴロン…
遠くで響く崩壊の音色…近くで流れる砂の囁き…
「奴のいない世界が、これほど静かだとは思わなかった…。」
―ガラン、ゴロン、ゴロン、コロ、コロ…
再び叫ぶ崩壊の声…
「聞いてくれるか。」
「あぁ…」
鳴り止む唄、音の消えた世界。

「奴は、私の“弱さ”なのかもしれない。」
自嘲気味の声が聞こえてくる…。普段とは違う、彼女…
「この世界で、私は、奴の為すがままに任せてきた。」
「…」
「怒りにまかせて破壊を繰り返す。
そんな“奴”を見て、
自らの悲しみは…苦しみは…忘れることができた…」
震える声、震える身体が調和する。
「自分は奴ほど本能的でない…。自分はまだ…。自分はまだ、
理性に基づいて行動していると、
そう慰めていただけなのかも知れない。」
それは同時に、彼女の心の震え…
「私は奴と同じなんだ!私は…奴と…」
悲嘆の独白…哀愁の調べ…
「笑え…。笑ってくれ!私は、私の“弱さ”を、“脆さ”を、
この壷に、この世界に、閉じ込めていたに過ぎないんだ…」
今…。彼女の悲しみを、苦しみを受ける器がなくなった今…。
誰がその器となれるであろうか…。

しかし、彼は言う。
「いいんじゃないか…。それでも…。」
「…」
彼は言う。自分が、その器になれるかどうか解りはしない。
しかし、彼は…
「俺には分かんないけどさ、
 弱さを隠すことは、別に、恥じることじゃない…。
 むしろ、それが普通じゃないか…」
驚く背中…長い静寂…
「単純…、だな。」
「あぁ、単純だ。」
短い返答。それが、彼の全て。
「フッ、お前らしいな。」
いつもの口調の彼女。再開する崩壊の音色。
―ガラン、ゴロン、ゴロン、ゴロ…

「つい、喋り過ぎたようだ。」
そっと乗せられる手…重ねられる濡れた指先…
「すまない、みっともない所を見せてしまった。
寂しくなってしまってな…。
もう少し…このままでいさせてくれるか…」
「あぁ…」
永遠とは言えない時の中で、
二人は崩壊の独奏曲に耳を澄ましていた。


全てが終わり、始まった夜…
あの漆黒にも似た空…街の灯り…
劇的な再開とはいかなかった。
だが、彼は思う。
それでもいい…それでもいいと…

「背…、少し伸びた?」
寄り添う彼女。その表情は…困惑、だろうか…
短い、沈黙…
「そう…かな…」
彼は、今までずっとこんな風に、
隣で座っていた感覚を受けていた。
彼女もそう思ったのかも知れない。
でも、違う。
今、隣にいる彼女…それが真実…

「向こうの世界はどうだった?」
「まぁまぁ…だったかな…。
時間…かかったけど…」
再び流れる沈黙。
そう、その雰囲気(せかい)を変えるのは、いつも彼女だった。
「もう、ホント!不器用なんだから!」
重ねられる手。震える指先。
「ずっと…待ってたんだよ…」
目と目が触れ合う…潤んだ瞳…握られる掌…
その掌から、彼女の感情の端々が伝わってくる…
彼は紡ぐ…溢れ出す素直な言葉…
「ごめん…。もう、離さないから…。」
強く握り返す、その手…。
神である前に、人である前に、
今の二人には、ただ、互いのみがいると…
それを確かめるように…強く、強く…

「約束…だよ…。
破ったりしたら…、今度こそ…、許さないんだから…」
返事の変わりに、か細い身体を
精一杯、ひしと抱きしめる彼…
その気持ちに、偽りがないことを
噛みしめるように、ゆっくりと抱き返す彼女…
ただ、互いのぬくもりだけを感じて、
漆黒の闇に佇む二人…
あの光より、はるかに温かい、
闇に抱かれて…